李克强総理、中米関係の将来に楽観的な態度を持つと述べ

86浏览

李克强総理、中米関係の将来に楽観的な態度を持つと述べ

新華網北京3月15日 中国国務院の李克強総理は3月15日に北京で、我々は中米関係の将来に楽観的な態度を持っているのは、中米は外交関係を結んでから数十年間以来、既に広範囲での利益を共有しているからだと述べた。

第12期全国人民代表大会(全人代)第5回会議が閉幕した後、李克強総理は北京の人民大会堂のゴールドホールで国内外の記者会見を行い、質問に答えた。 李克强総理は「中米関係が艱難辛苦をなめ尽くしたが、ずっと前向いて進行していた。

私はこれに対し観的な態度を持っている。 」と述べた。

李克强総理は次のように述べた。 トランプ米大統領が当選した後、習近平主席はトランプ大統領と通話した。

両国元首は共に、中米関係を前に向いて発展させるよう共同で推進することを表示した。 トランプ大統領と米国新政権の高官も、一つの中国政策を堅持しなければいけないと明確に表示した。 それは中米関係の政治的基礎であり、風雲変幻(情勢がめまぐるしく変化する)で動揺になることではないことである。

「このような政治的基礎があるからこそ、中米協力の将来は広大であろう。 」李克强総理は更に次のように表示した。 もちろん、中米の間は食い違いもある。 中米双方は戦略的定力を保ち、交流を強め、相互理解を増加する必要がある。 李克強総理は「現在中米両国の外交部門は両国の元首の会合について意思疎通を行っている。 」と述べた。 李克強総理は、中米関係は両国の利益に関わっているだけではなく、地域と世界の平和安全安定にも関わっているため、前向いて前進させるよう維持しなければいけないと強調した。

李克強総理は次のように指摘した。 関係統計によると、去年一年では、中米間の貿易、投資は米国に百万以上の就業位置を作り出した。 「もちろん、各方面の統計方法は違うかもしれない。

でも大丈夫、我々は座りながら話し合い、いつかきっと共通認識ができる。

仮に一時的に共通認識を達成できなくても、食い違いをしばらく放置しておいてもいい。

」李克強総理は次のように述べた。 中国側は、中米関係がいかに不遇なことがあっても、前向いて前進し、良き方面に向いて前進しなければならない。

「中米両国の人民は偉大な人民で、我々は食い違いをコントロールする知恵があり、我々は共通利益を拡大する必要があり、また共通利益を拡大する条件も持っている。 」(翻訳/呉寒氷)(新華社より)関連記事:。

您现在的位置:文学书籍 > 现代诗歌

上一篇:李克强総理、中国は終始に団結で繁栄で安定なEUを支持すると述べ

下一篇:李克强総理、中露関係の健康で安定した発展は地域と世界に有利だと述べ

你可能喜欢的:
友情链接