李克强総理、中国では大規模の集団的失業状況の現れることはないし、現れるのを許さないと述べ

128浏览

李克强総理、中国では大規模の集団的失業状況の現れることはないし、現れるのを許さないと述べ

新華網北京3月15日 中国の李克強国務院総理は3月15日に北京で、中国は雇用を拡大する能力が十分あるため、大規模の集団的失業状況の現れることはないし、現れるのを許さないと示した。

第12期全国人民代表大会(全人代)第5回会議が閉幕した後、李克強総理は北京人民大会堂のゴールドホールで国内外の記者会見を行い、質問に答えた。 李克強総理は、一時的に就職できず、生計を立てていない民衆に対して、政府が責任を取り、彼らの基本的な生活を保障すると述べた。 李克强総理は次のように表した。

政府活動報告で提起した主要な経済社会発展指標では、ある項目が更に高くなっていた。

それは今年新たに増加する就職人数が1100万人となり、去年の目標より100万人増えた。 李克强総理はまた次のように述べた。

%前後の経済成長率を決めたのは、成長を安定するにはやはり雇用を維持することで、就職は中国のような13億余りの人口を持つ大国にとって最大な民生であるためだ。 (翻訳/呉寒氷)(新華社より)関連記事:。

您现在的位置:文学书籍 > 现代诗歌

上一篇:李克强総理、一部の製品の関税を下げ、輸出を増加させることを考慮に入れるかもしれないと述べ

下一篇:李克强総理、中国は依然として世界経済発展を推進する重要なエネルギーだと述べ

你可能喜欢的:
友情链接